サマンサタバサ 2014 不明機の可能性高まる=音波、ブラックボックスと一致―豪

【シドニー時事】消息不明のマレーシア航サマンサタバサ 2014 空機をめぐるインド洋南部での国際的な捜索活動で、オーストラリア艦艇が5日探知した音波を解析した結果、周波数 や発信間隔がブラックボックスで使われる信号と一致することが確認された。捜索を統括するヒューストン前国防軍司令官が9日、西部パースで記者会見し、明 らかにした。不明機が発信源との見方を強めており、サマンサタバサ バッグ 新作 発信位置の絞り込みを急ぐ。
 豪海軍の洋上支援船「オーシャン・シールド」は8日にも、ブラックボックスが発したとみられる音波を再び2度にわたり探知した。
 マレーシア機が行方不明となったのは3月8日で、ブラックボックス発信機の電池寿命とされる1カ月を過ぎた。豪政府は、発信が途絶えるまで発信長財布 サマンサタバサ メンズ 位置の特 定作業を優先する方針。少しでも絞り込んだ後、海底の様子を調べる音響測定機を備えた無人潜水機「ブルーフィン21」を投入する。
 ヒューストン氏は「不明機確認には残骸を目視する必要がある」と説明。一方で、音サマンサタバサ パスケース シンデレラ 波解析結果を受けて「以前より自信を深めた」と断言した。